轢き逃げ 最高の最悪な日

イントロダクション

水谷豊監督が描く極限の人間ドラマ

結婚式を目前に控えた青年が、車で若い女性を轢き殺して、親友と逃げてしまう。突然の娘の死を、受け止めきれない両親。事件を担当した新米刑事は、同い年の犯行に憤り、老刑事は、娘の父親にシンパシーを抱く……。誰もが巻き込まれてしまう可能性を孕んだ事件だからこその、日常的なスリルや悲哀が、スクリーンに炙り出されていく。事件に潜む人間の、怨み、憐れみ、悔しさ、無念……抑えきれない感情に突き動かされて、彷徨う人々の魂は、どこへ辿り着くのか。最後に、加害者と被害者の目が合う瞬間、二人が見つめる世界には、どんな光が射しているのだろうか。

人間の底知れぬ心情に光を当てた本作『轢き逃げ-最高の最悪な日-』。脚本、監督を手がけるのは、希代のアクターにして『TAP -THE LAST SHOW-』(17)で鮮烈な映画監督デビューを果たした、唯一無二の表現者・水谷豊。本作では、初脚本を務め完全オリジナル作品に挑んだ。半世紀以上エンターテインメント界の最前線に立ち続ける水谷の、研ぎすまされたセンスによる、卓抜したストーリーテリングと強烈な心理描写が、登場人物たちのうつろいゆく魂に寄り添う。

煩悶する二人の主人公・宗方秀一と森田輝役は、450人を超す応募者の中からオーディションで、中山麻聖と石田法嗣を選出した。秀一の婚約者・早苗に小林涼子、事件を担当する刑事・前田には毎熊克哉と、フレッシュな顔ぶれをキャスティング。さらに檀ふみ、岸部一徳らベテラン勢が加わり、群像劇に緊張感と豊かさを与える。

テーマソング「こころをこめて」を担当するのは手嶌葵。登場人物たちの心情を見守るように優しく歌い上げている。

本作は2018年4月26日、兵庫県神戸市でクランクイン。神戸市周辺で約3週間のロケ撮影を敢行。その後は関東近郊で撮影し、7月27日、東映東京撮影所にてクランクアップを迎えた。

また監督の強い希望から、日本映画初の「ドルビーシネマ」対応に。臨場感溢れる、生々しい世界観で、観客を物語の中へ深く引き込み、登場人物たちとともに悩み、迷い、たしかな希望を体感させる。枝葉伸びゆく、生命盛んな季節に、日本映画の新たな可能性をひろげる感動作が誕生した。

ストーリー

  • 映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』
  • 映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』
  • 映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』

眩しい光に包まれた初夏の朝、海の見える狭い坂道で、事件は起きた。

異国情緒漂う地方都市で、大手ゼネコン・城島建設に勤める若きエリート・宗方秀一(中山麻聖)はいつになく焦っていた。3日後に控えた結婚式の打ち合わせのため、城島建設副社長・白河の一人娘で、婚約者の早苗(小林涼子)がホテルで待っている。式の司会を務める、学生時代からの親友で同僚の森田輝(石田法嗣)を乗せて、不慣れな抜け道を加速していく秀一の車。路地裏にある喫茶スマイルの角を曲がった時、若い女性を撥ねてしまう!……「誰も見てない」。輝の囁きで、車を急発進させた秀一。その場から立ち去った二人は、早苗の元へ向かう。

打ち合わせを終えて帰宅した秀一と輝は、夕方のTVニュースで、轢き逃げした女性・時山望の死亡を知る。翌朝、怯えながら出社した二人には、反目する専務一派のいつもの嫌みに構う余裕もない。何者かからの脅迫を受けるも、秀一の結婚式は無事に終わる。

秀一が人生最高の日を迎えていた時、轢き逃げ事件で突然一人娘の望を失った、時山光央(水谷豊)・千鶴子(檀ふみ)夫妻は、最悪の日々を過ごしていた。“秀一と輝が逮捕された”という知らせを受けたところで、娘が帰ってくるわけではない。なんとか日常を取り戻そうと耐える両親は、望の遺品返却に訪れた二人組の刑事、柳公三郎(岸部一徳)と前田俊(毎熊克哉)から意外な質問を受ける。「遺品の中に携帯電話が見当たらなかったんですが……」。娘の部屋を探したが携帯は見つからず、引き出しにあった日記から、事件当日の望の行動が明らかに。微かな違和感を抱いた時山は、娘の仕事仲間や友人に会いに出かけていく。

自分の内に潜む衝動から魔的な行動に出てしまい、己の罪深さに苛まれる秀一。準抗告で釈放された輝に接触を試みた時山も、やりきれない思いが募るばかりだった。やがて新緑の美しい頃、複雑に絡み合う事件に巻き込まれてしまった人々は、予想だにしなかった真相に辿り着き、そして、それぞれの“これから”を見つけ出そうとする。

  • 映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』
  • 映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』
  • 映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』

キャラクター

映画『轢き逃げ 最高の最悪な日キャラクター 毎熊克哉 岸部一徳 水谷豊 檀ふみ 小林涼子 中山麻聖 石田法嗣

キャスト

スタッフ

水谷監督のオーダーは「歌詞は作品に合わせなくて良い。ただ母性を感じさせる曲であれば」というもの。そのシンプルな思いに応え、作品のラストシーンを見終わった後のそれぞれの心情にそっと寄り添う、絶妙な心震えるテーマソングが誕生した。

テーマソング「こころをこめて」(ビクターエンタテインメント) 手嶌 葵

“DOLBY CINEMA

“其処に居る”没入感

水谷豊監督は、本作『轢き逃げ -最高の最悪な日-』で、日本映画としては初めての「Dolby Cinema TM(ドルビーシネマ)」の採用を決断した。もともと映像表現に関心の高い監督は、会田正裕撮影監督から聞いていた最新映像技術・HDR映像(※1)に興味を持っていたという。「3、4年前にテスト用に撮ったHDR映像を、監督にお見せした時から“何かが違う気がする”と。当時からすごく興味を持っていました」と語る会田撮影監督。最新鋭のHDR 映像技術「Dolby Vision TM(ドルビービジョン)」の素晴らしさは「没入感」だと語る。「普段の生活の中で、人は目と脳のセットで、物を見ているのだけれど、暗闇の中で映画を観る時、視覚的にはあまり脳を使わずに観ている。ドルビービジョンは、肉眼で見るイメージの明るさなので、観客も、本物を見ているような感覚で、映画を観ることになる。3Dとは違って、いままで描き切れなかった深い暗部の表現をはじめ、作品世界に潜在的な幅を持たせることができるので、日常的な出来事を描いた本作には、非常にマッチしていると思います」(会田)。

  • 映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』
  • 映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』
  • 映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』

ドルビービジョンの、臨場感あふれる映像に合わせて、オーディオも「Dolby Atmos R(ドルビーアトモス)」を採用。録音の舛森強は、ドルビーアトモスの魅力を「音が“居る”という表現ができる」と語る。「音を点で飛ばすことができるので、音が“居る”という表現ができる。例えば、これまでは擬似的にしか飛ばせなかったヘリコプターの音が、ドルビーアトモスの表現を用いることで、観客に時間経過をナチュラルに伝えられる。水谷監督の映画って、時間経過が難しいんですよね(苦笑)」。立体的な音響空間も、ドルビーアトモスならではの技術だ。「上からも音が鳴るので、高さを含む三次元的な空間を、観客に意識させることができる。イタリアンレストランのシーンで、秀一の倒錯した世界を表現する上でも、アトモスは大変有効でした。ワイングラスで乾杯してから、無音になり、婚約者の声が遠のいていく中に、いやな音を入れて、グラスの割れる音で現実に引き戻されるまでを、ぐるぐると音を回しながらドラマティックに表現できました」(舛森)。

  • 映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』
  • 映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』
  • 映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』

まるで作品世界に入り込んでしまったかのような、究極のシネマ体験を可能にする「ドルビーシネマ」。「日本映画でもドルビーアトモスが導入されはじめ、本作のドルビービジョン採用から、ドルビーシネマの可能性を取り入れることで、日本映画の映像表現や未来が変わっていくと思います。観客も、より集中できる環境で映画を楽しめるようになれば、感じ方がより複雑になり、生々しく心に響くのではないかと期待しています」(水谷)。

(※1)HDR映像 = High Dynamic Range 映像
従来に比べてより広い明るさの幅を表現できる。
(※)Dolby、ドルビー、Dolby Atmos、Dolby Vision、Dolby Cinema およびダブルD記号はドルビーラボラトリーズの商標または登録商標です。

“HOTSPOT 特集記事はこちら
  • 映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』
  • 映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』
  • 映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』
  • 映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』
  • 映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』
  • 映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』