岸部一徳

柳公三郎岸部一徳

神倉警察署のベテラン刑事。

  • Profile
  • Comment

京都府出身。67年GS「ザ・タイガース」としてデビュー。解散後俳優に転向。主な映画出演作に、『死の棘』(90)、『相棒-劇場版-』シリーズ(08、10)、『大鹿村騒動記』(11)、『少年H』(13)、『舞妓はレディ』(14)、『FOUJITA』(15)、『団地』(16)、『TAP ‐THE LAST SHOW‐』(17)、『北の桜守』『鈴木家の嘘』(18)など。

初監督作品を撮影している時から、2本、3本と続くのだろう、続いて欲しいと思っていました。彼には、「監督」というのがとても似合う。今回は、脚本も自ら書かれたようですが、一体いつ書いているのかと思う程しっかりした本で。タイトルも、シンプルだけれどもどこか洒落ていて、日本映画的ではないような。バランスが取れていますよね。ストーリーは「サスペンス」や「ミステリー」というカテゴリに収まらない、人間の本質に触れるような作品になっているのではないかと思います。完成した作品を見るのが、楽しみです。